日本脳炎ワクチンのまとめ

日本脳炎ワクチンを6ヶ月より開始

日本小児科学会より感染リスクの高い地域での日本脳炎ワクチンの接種時期を6ヶ月以降の開始を推奨するとの連絡がきました。
日本では3歳より開始されていましたが、当院においても、以下の3点より開始時期を6ヶ月以降に変更いたします。詳細は日本小児科学会のホームページを参照願います

  1. 日本でも患者が増加する傾向
  2. 千葉県でも2015年に11ヶ月の子の発症
  3. 千葉県ブタ(日本脳炎の介在動物)での流行(80%のブタに既往あり)

しかし、一刻を争うような緊急事態ではありません。
例えば、1歳に近いお子様は、1歳からのワクチンとの同時接種でもよいかと思います。
3回の接種で1回目と2回目の間隔1~4週、2回目と3回目の間隔6ヶ月以上が目安です。


●ご質問がありましたら、御来院時にお尋ねください。
●接種希望者は、窓口に船橋市の問診票がありますので、お尋ねください。
●来院前に問診票をご記入いただけていると、待ち時間の短縮となりますので、ご協力お願いします。